錦鯉水槽飼育10日目 4匹まで減って安定致しました。それぞれの模様についてご紹介


(現実より少し前のことを書いています)

錦鯉を水槽飼育初めてようやっと
10日。

最初からポツポツと☆になる子が出ていましたが、4匹まで減ったところで5日間平穏継続。

まあ、とりあえずこの状態でしばらく安定しそうだな、ということでここで4匹の模様を紹介してみようと思います。

続きを読む

ラミレジィ飼育:自分の子供ではない稚魚も育てるのかどうかの実験

我が家のラミレジィ達は相変わらずポンポン卵を産んでおります。

二回失敗したF1の隔離ペアの産卵ですが、今回はそこそこ順調。

ただ、メスがオスに追い払われ始めたのでメスも隔離し、オス1+稚魚+他の同居人(オトシンクルス・ヤマトヌマエビ)という状況の水槽です。

 

で、そちらの様子を見ていた今日この頃。

その他F1がまとめて入っている水槽にてペアが出来、産卵が行われていました。

かなり過密ですがなんとか卵を2日ほど守りきっているらしく、もうすでに孵化してそろそろ動き出しそうといったところ。

ただ、まあ稚魚が泳ぎ始めてしまったらさすがに他のF1達に食べられてしまうのは確実でしょう。

 

ちょっと考えた結果、F1まとめ入り水槽から、オスが単独で育児をしている水槽へと稚魚を移してみることにしました。

もしかしたら一緒に育ててくれるのではないだろうか?と思いましてね。

(左がF1まとめて水槽。右がオス一匹で育児中)


DSC_0849

続きを読む

水槽錦鯉飼育 4日目アクアライフの本 錦鯉飼育の本を読む

水槽での錦鯉飼育4日目の状況。

とりあえず合計で5匹が☆になりました。

主人の見解だと眠り病っていうやつにかかっている子がいるのでは・・・?と。

確かに死んじゃった子達は泳いでいる途中で急にピタっと泳ぎを止めてしまっている場合があったなあと。

で、停止すると元気なやつらに突かれてしまうという。

 

まあ眠り病云々に関してははっきりしないにせよ、粘膜の保護とかのために塩を多少水に入れると良いというのは確実っぽいので、参考資料等をもとに塩を少々水槽に溶かしいれました。

これでさらに様子を見たいと思います。

まあ現状だと突く側の鯉は餌の食いつきもいいし無事に残っていきそうな雰囲気です。



で、やはり飼育の知識が必要ということで本を一冊読みました。

アクアライフさんの『錦鯉の飼い方 池でも水槽でも楽しめる!』という本です。


続きを読む
ギャラリー
  • ラミレジィ飼育:自分の子供ではない稚魚も育てるのかどうかの実験
  • 我が家に錦鯉が来ました
  • 黒ビーシュリンプからレッドビーシュリンプが産まれる
  • 新しい仲間が加わりました(通常のしましまタイプのラミレジー)
  • ほったらかしでメダカは育つのか、という検証のその後。
  • ほったらかしでメダカは育つのか、という検証のその後。
  • ドイツラムの第二世代を里子に出す決意を固める
  • ワグムーンプラティだったはずが色々な柄が出始めた件
  • ワグムーンプラティだったはずが色々な柄が出始めた件