我が家で一番古株な熱帯魚が亡くなった(トラディショナルベタのオス)

先日ですが、我が家で最初に飼った熱帯魚が亡くなりました。

トラディショナルベタのオスです。

そこまではメダカとシマドジョウやタニシと言った日淡しか飼っていなかったのですが、彼が偶然我が家に来たことによって熱帯魚飼育への大きな一歩を踏み出したといっても過言ではありません。

続きを読む

ラミレジィ飼育:稚魚の人工飼育(保育)を実施中。

今日は久々にゴールデンドイツラミレジィについての記事を。

前回のラミレジィの記事(と言っても一年前ですけど)でチャレンジしていた、自分の子供ではない稚魚も育てるかどうかの実験については失敗に終わりました。

他の子混ぜたからなのか、それとも単純な失敗だたのかは分かりませんが親が子供を全て食べてしまってジエンドでした。

 

で、現在やっているラミレジィ稚魚の人工飼育。

前に繁殖成功した際には極力親に育児を任せたのですが、今回は稚魚がまだ泳ぎ出せずに床に転がっている頃に親から離して別途サテライトで育て始めました。

 

それも今回卵を産んだのが、ペアだけの水槽じゃなくてオスメス複数泳いでいる水槽の中だったので。

産卵したペアは縄張り主張しつつ他の仲間達を頑張って追い払っていましたが、少なくとも稚魚が泳ぐようになったら守り切ることは出来ないだろうなあと。

親が頑張っている以上そのまま手もとに残してあげたい気もしましたがここは断腸の思いで、スポイトで掬いだして他の水槽に設置したサテライトへと移しました。

 

続きを読む

卵生メダカ:ノソブランキウス・コーソザエの稚魚育成中。オスメスの違いが分かるように。人口餌も食べる

卵生メダカノソブランキウス・コーソザエの稚魚元気に育成中~!!!

と、いうことで孵化させてからかれこれ二か月あまり。

もうオスメスの差が十分に分かるようになりました。

DSC_1122

 

あともう一か月もしたらショップで買った時のサイズになりそう。

と、いうことは短い卵生メダカの一生ですからそろそろいい感じの成長をしているペアについては個別に飼って次の世代の卵の回収も考えた方がいいかもしれません。

どこかのサイトでノゾブランキウスはその個体を飼うというよりかは、その種族を飼うという感覚だ~なんて書いてありましたがその通りだな~とか思ったりします。

 

続きを読む
ギャラリー
  • 我が家で一番古株な熱帯魚が亡くなった(トラディショナルベタのオス)
  • ラミレジィ飼育:稚魚の人工飼育(保育)を実施中。
  • 卵生メダカ:ノソブランキウス・コーソザエの稚魚育成中。オスメスの違いが分かるように。人口餌も食べる
  • 100均の用具を使ってメダカの産卵床を作る。いよいよ産卵のシーズン到来ですね。
  • 100均の用具を使ってメダカの産卵床を作る。いよいよ産卵のシーズン到来ですね。
  • 100均の用具を使ってメダカの産卵床を作る。いよいよ産卵のシーズン到来ですね。
  • 100均の用具を使ってメダカの産卵床を作る。いよいよ産卵のシーズン到来ですね。
  • 100均の用具を使ってメダカの産卵床を作る。いよいよ産卵のシーズン到来ですね。
  • 卵生メダカ:ノソブランキウス・コーソザエの稚魚育成中。卵付きピートモスの保管方法とか